音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

情報の海に溺れている

ジョン・リー・フッカーにハマっている。

映画『ブルース・ブラザーズ』の路上で歌うシーンがめちゃくちゃかっこいい、あのジョン・リー・フッカー

久しぶりに聴きたくなったのは、雑誌『ブルース&ソウル・レコーズ』の特集記事を読んだから。

ジョン・リー・フッカー生誕100年記念特集。

 

ジョン・リー・フッカーは経歴も長いし、録音も多く残している。

時代によって様々なスタイルも試している。

ギター弾き語り、ブルース・バンド、もっと現代的な音を出すバンド。

Spotifyジョン・リー・フッカーを開くと、たくさんのアルバムや編集盤が出てくる。

重複もあるが、かなりの曲数になるはずだ。

こうなってくると、何から聴いていいのか分からなくなる。

持っているCDもあってそれも良いのだけど、時代的に偏りがある。

偏りがありすぎる。

ベスト盤と銘打っているのに、それはその時代までのベストで、今から見ると本当に初期の曲しか入っていないことは、ままあることだ。

特にブルース系の人にそれが多いイメージがある。

 

とにかく、今はジョン・リー・フッカーの魅力の全貌を捉えたいと思っている。

けれど情報量が多すぎる。

情報量が多すぎて溺れてしまっている、という現状。

良くも悪くも、現代的な悩みではある。