音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

どんな音を出したいのか?

どんな楽器を使うのが望ましいのか?ということを考えている。

バンドにとって。

もちろん、自分にとって、も。

たとえばレコーディングするとしたらどんなドラムセットやスネア、シンバルを使うのが良いのか?どんな響きの部屋が良いのか?

あるいはそれは、ライヴをする場の話でもいい。

 

どんな楽器を使うのか?

どんな楽器を使いたいのか?

この問いは、「どんな音を出したいのか?」ということでもある。

これは楽器演奏にとってとても重要なこと。

基本。

根本。

どんな音を出したいのかによって、どのように演奏をするかが変わってくる。

「どんな音を出したいのか」と「どのように演奏をするか」は、密接に繋がっている。

とても大事なことなのに、「どんな音を出したいのか」ということは、思いの外ないがしろにされているような気がする。

「どんな演奏をするか」にばかり気を囚われていることが多い。

自戒も込めて。

 

どんな楽器を使うのか?というのは、しかし、それほど自由な選択が許されているわけではない。

楽器は簡単に買えないし、持ち運びにだって制限がある。

けれど、考えることは無益でではない、はず。