ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

音楽を聴くこと

音楽を聴くことは、音楽を知ることであり、音楽を体験することであり、音楽の練習でもある。

これが僕のスタンス。

だから、それがライヴだろうと、CDだろうと、ストリーミングだろうと、媒体に関わらず全て大事な時間。

ただし、ライヴは時間的にも経済的にも制約があるから、日常的には音源になっているものを聴くことになる。

これはどちらがより大事かという話ではなく、両方とも必要不可欠なものだと思っている。

少なくとも、今のところは。

 

昨日から今日にかけて主に聴いたもの。

サニー・ランドレス『Recorded Live In Lafayette』。

ジェイソン・リッチ&ザ・バッド・カインド『Approved By Snakes』。

そして、ジョン・リー・フッカーをいろいろと。

サニー・ランドレスはスライド・ギターの達人と言われる人。

ジェイソン・リッチはブルース・ハープ・シーンに新風を吹き込んだ鬼才。

2人ともブルースをベースとしながらも革新的な音楽を演っている。

そして、ブルースの歴史に名を残す、偉大なブギ・マン、ジョン・リー・フッカー

僕はブルースが好きだ。

ブルースをベースにした革新的な音楽も好きだ。

 

こうして今日も、音楽の知識を、体験を、技術を、積み重ねていく。