ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

ドアーズについて読みながら

ツアーの疲れを癒すため、本を読みたかったため、やるべき雑用を片付けたかったため、まぁいろいろ理由はあるけど、とにかく今日はゆっくりと過ごす。

時間に追われるばかりの日々ではエネルギーが枯渇してしまう。

こういう日も必要なのだ。

 

一ヶ月くらい前から、ドアーズにゆるりとハマっている。

今日は、ドアーズのアルバムを聴きながら、野沢収著『ザ・ドアーズ〜永遠の輪廻〜』という本を読む。

詩人でロックスター然としたジム・モリスンと、ポップでクオリティーの高い曲を書くギターのロビー・クリーガー

この対比は、ビートルズでのジョンとポールの対比を思わせるようで興味深い。

ドアーズのヒット曲は、実はクリーガーが書いたものが多いらしい。

ドアーズは、ディスコグラフィ全体を通して聴けば聴くほど、面白いバンドだなぁと思う。

似たようなバンドはあまりいない気がする。

ドラマーのジョン・デンズモアがドアーズについて書いた本もあるようだから、それも読んでみたい。