音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ぼちぼち始めっか〜

拾得でのライヴで燃え尽きて、それ以来もぬけの殻になっていた、というわけでもないのだけど、ブログを書くのが久しぶりになってしまった。

まぁ、完全オフ日を過ごしたようなものだろう。

「ぼちぼち始めっか〜」といった近況。

 

最近強い興味を持っているのは、高岡英夫氏の身体論とオーティス・ラッシュのブルース。

脊椎動物としてのヒトの身体には魚類から進化した跡が鮮明に残っていて、それを使いこなすことの重要性を、高岡英夫氏の身体論は解く。

先日にもちょっと書きたけど、とても興味深い理論で、その身体の使い方をマスターしたらドラム演奏にも良い影響があるような気がしている。

その肝は、一般的な言葉で言うなら、体幹レーニングだったり、インナーマッスルだったりするのかもしれない。

詳しいことはまだ理解できていないので、その辺はこれから。

という感じで、オーティス・ラッシュのブルースを聴きながら、ぼちぼち始めよう。