音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

台風の中、水戸90EASTへ

初めての場所でやるライヴは、好きだ。

自分たちのことを知らない人たちの前でやるライヴが好きだ。

「どんなバンドなんだろう?」と、あるいは「誰だこいつら?」というように、様子をうかがっていた人たちが、途中から前のめりにライヴに反応してくれるようになる。

その瞬間がたまらなく好きだ。

昨日は、水戸90EASTでMr.ワリコメッツのライヴだった。

暴風雨の中の高速道路の恐さを身を持って体験したり、体調不良を感じたりと悪条件もあったけど、それでも素敵な夜だった。

主催のドンバガス・アベさんも、90EASTというお店も素晴らしかった。

音楽を楽しむという想いに、一点の曇りもない。

そんな心意気を感じた。

農作業と音楽。

なんて魅力的な組み合わせなんだ。

自分ですることはできないだろうけれど、それでもなんだか憧れる。

その象徴として、ガス・キャノンだったかな?名前がうろ覚えであるその人の存在がとても印象に残る。

水戸90EAST、また行きたいな。

 

f:id:hiroya_drummer:20181001150955j:image f:id:hiroya_drummer:20181001152936j:image f:id:hiroya_drummer:20181001152948j:image