音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

「ヘイ・ジュード」と「オブラディ・オブラダ」

ゆっくりとした歩みで取り組んでいる「ビートルズとブラック・ミュージック」というテーマ(ヴォーカルはソウルフルで、バンドはファンキー - ひろやのブログ)。

「黒人アーティストによるビートルズ・カヴァー」が収録された、雑誌の付録CDと、そこから派生したリンクを探っている。

今回は、ウィルソン・ピケットによる「ヘイ・ジュード」と、アーサー・コンリーによる「オブラディ、オブラダ」を。

これ、2曲とも、フェイム・スタジオでの録音。

いわゆる、サザン・ソウル

オールマン・ブラザーズ・バンドデュアン・オールマンが、2曲ともギターで参加している。

 

まずは、「ヘイ・ジュード」。

Hey Jude, a song by Wilson Pickett on Spotify

ウィルソン・ピケットのヴァージョンは、とにかく、熱い!

熱すぎる!

笑っちゃうくらいに、熱い!

ウィルソン・ピケットの歌も、デュアン・オールマンのギターも。

なんなんだ、このシャウトは!(笑)

 

お次は、「オブラディ・オブラダ」。

Ob-La-Di, Ob-La-Da, a song by Arthur Conley on Spotify

こちらは、どちらかと言えばビートルズ寄り。

少なくとも、僕が抱くアーサー・コンリーのイメージではない。

けど、曲が良いからねー、楽しんで聴ける。

スネアのフィルが熱い。

あとは、ブリッジにおける有名なホーンによるオブリ(歌の主旋律の合間に入る、楽器による合いの手みたいなパート)が、ギターによる自由なオブリに変えられているのが聴きどころか。

 

ビートルズからフェイムへ。

音楽を探る旅は、今日も続く。