音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ちっちゃい子らの輪投げの光景から ー トライ&エラーの大事さ ー

お彼岸ということで親戚の集まりに顔を出す。

「人間は社会的な生き物」ということで、半ば義務感を伴いながらも、しっかりちゃっかり和な会食と軽いアルコールをご馳走になる。

親戚の集まりともなると、普段接することのない、まだ就学前の子供たちもいる。

そんな彼らが、輪投げをやっていた。

本格的にやっているわけではない。

輪投げの軸に手が届くようなところから、輪っかを投げている。

けれど、そんな至近距離でも入らない。

逆に外す方が難しいんではないか?と思いつつ眺めているが、何度やっても指が引っかかってあらぬ方向に輪っかが飛んでいく。

そんな姿がまた可愛らしく、微笑ましい。

ただし、彼らは諦めない。

外しても外しても、何度も何度も、繰り返し投げる。

そのうちにだんだん、何回かに一回、輪っかが軸に入るようになる。

そしてまた、投げる。

よくまあ飽きないものだ。

そうしていくうちに、やがて、彼らの輪っかが命中する確率が上がっていく。

何度も試みる、トライ&エラー。

そしてだんだん上がっていく成功率。

彼らは何度もトライ&エラーを試みるうちに、身体の動きの精度をあげていったのだ。

 

この一連の動向を見ていて、新しい動きを覚えるのに、トライ&エラーは避けては通れない大事な要素なのだなぁ、と改めて思う。

それは、楽器演奏についても言えること。

ある程度楽器に習熟してくると、自分自身がやり易い方法というものが出来上がってくる。

プレイの精度が上がる。

こうして楽器が上手くなるし、それがその人自身の個性にもなる。

それはそれで良いことではある。

ところが、そこに安住してしまうと、他の方法で試すことがしなくなってくる。

特に、エラーが許されない状況に身を置くと、トライの回数が減ってしまう。

そうして、自分自身の方法に固執するあまり、新しい動きが覚えられないということにもなる。

物事には両面性があり一概に良し悪しは言えないけれど、成長を望むのにはトライ&エラーをどんどんしていかなければならないということを思わされた、今回の光景だった。

特に、エラーの必要性。

効率ばかりを求めていると、なるべくエラーをしたくないと思ってしまうけれど、エラーを避けると、それは逆に非効率なことなのかもしれない。

久しぶりのライヴだった

昨日は久しぶりのライヴだった。

ほぼ1ヶ月ぶり。

その期間を長いと感じるか短いと感じるかは個人差があるだろうけど、ライヴ前の楽屋、ステージ上にいるライヴ中、ライヴ後のフロア、どの瞬間を切り取ってもライヴをやらなかった期間が長かったんだなぁと実感していた。

これは特にマイナスな感情だったわけではなく、「清濁併せ呑む」ような感じと説明したら良いか。

とにかく、感じたこと、考えたこと、いろいろあってブログにも書きたかったのだけれど、感じたことを言葉にすることの難しさを、いつも感じていることではあるけれど、今回は特に強く感じている。

今日は多少時間に余裕があったので、その感じたこと、考えたことなどをしっかり書こうとして何度か試みたのが、文章にして読み返してみると、どうも何かが違う。

「こんなこと書きたかったわけではないんだけどなぁ」と、書いては破棄してを繰り返してしまった。

そして結局、今日は諦めた。

何かを掴みかけている感じがしている。

成長のきっかけを掴みかけている気がしている。

考えがまだ熟成していないだけかもしれない。

それで言葉にできないだけかもしれない。

この出始めかけている芽は、曖昧なまま、頭の片隅にしまっておこう。

どこかで、何かにつながっていくかもしれないから。

BimBamBoomに、益々ハマる ー 下北沢シェルターに行ってきた ー

昨日はレコーディング後、下北沢シェルターにライヴを観に行く。

お目当は、最近お気に入りのBimBamBoom。

先月も新宿レッドクロスで観たのだけど、そう言えば、その時はレコーディングの前日だった。

今回はレコーディング当日。

こういう関連付けがあると、記憶にも残りやすい。

 

BimBamBoomのライヴは、やはり圧巻だった。

ライヴというものは、なんらかの狂気を宿してこそ、活きてくるものだと教えられる。

山口美代子さんのドラムも、シャープで、力強くて、音に説得力があるから、知らずのうちにグイグイと引き込まれる。

あんな音が出せたら良いなぁ。

BimBamBoomのライヴを観ていたら、大好きなGalacticを渋谷クアトロでのライヴで観たときの光景をふと思い出した。

メンバー構成もかなり似ている。

立ち位置は違うけれど。

そのGalacticを想起させるところも大きいのかもしれない。

今、本格的にBimBamBoomに夢中である。

レコーディングしてきた!

今日は、Mr.ワリコメッツのレコーディング日。

前回のスタジオでアレンジがまとまらなかったために、今日は朝10時にスタジオに集合してアレンジを練る。

レコーディングスタジオに移動して、12時からレコーディング開始。

マイクや楽器のセット、音調整を経て、ドラム、ベース、ギターのベーシックトラック、鈴の音、メインヴォーカルなどを録り終えた。

当日の朝になってもアレンジが決まっていないという追い込まれた状況だっただけに、最低限のノルマは達成することができて、ひとまずホッとしている。

レコーディングは、喜びあり、苦しみあり、教訓あり、などと本当に得るところの多い仕事である。

もっと練習したいとモチベーションが上がるし、早く完成品が聴きたいと楽しみにもなる。

 

ところで、今はライヴハウスに向かって移動中である。

バタバタした一日。

 

f:id:hiroya_drummer:20180920194313j:image

 

思案が続く

なんとなく落ち着かない気持ちで過ごす一日というのも、なんだかイヤなものだ。

明日は、Mr.ワリコメッツのレコーディングの日。

そして、予定している曲のうち一曲のアレンジがまだ固まっていない。

曲に対して、どういうアプローチをしようか?

そして、アレンジが固まっていなくてしっかりとした練習もできない中で、レコーディングにどう挑もうか?

思考はめぐり、あっちに行ってはこっちに向かい、とりとめのない思案が続く。

出てくるアイデアも試してみないことには、先には進めない。

試してみて、フィードバックを得て、また先に進む。

皆で音を出してみるまではそれもできないけれど、言わばこうした思考実験も、現場で何らかの役に立つかもしれない。

立たないかもしれない。

分からないけれど、やはり思考実験は積み重ねる。

そして、堂々めぐりの繰り返し。

何も結果は得られないので、気持ちはやはり、なんとなく落ち着かない。

ここまで来たら、もうなるようにしかならないのだろうけれど。

そして、また、思案は続く。

切羽詰まった状況

昨夜は、Mr.ワリコメッツのスタジオ。

今週にレコーディングを予定していて、その前に入れるスタジオとしては、これが最後であった。

レコーディングは12月に開催するイベント用のもので、ここだけの話、現段階でクリスマス曲を2曲準備している。

今週はこの2曲をレコーディングする予定なので、昨日のスタジオではその2曲のアレンジを決めて、万全の態勢でレコーディングに挑むつもりであった。

ところが。

昨夜のスタジオでは、そのアレンジがまとまらなかった。

いや、1曲はバッチリ決まった。

ただ、もう1曲が決まらなかったのだ。

音楽に正解はない、と言われる。

その通りなのかどうかは知らないが、「こうした方が良いかもしれない」、「ここはいまいちだから、もっとどうにかならないか?」などとやっているうちに時間がどんどん過ぎ、残り時間が少なくなってくると、今度は焦りが募るばかり。

焦り始めるとカラ回りするというのが世の常だろう。

昨夜は、そんな悪循環もあったかもしれない。

ともかく。

レコーディングを控えて、アレンジがまとまらなかった。

 

スタジオ後、口頭で打ち合わせをして、レコーディングまでの数日で再考し、当日レコーディング前にまた打ち合わせをし、そしてレコーディングに挑むという、本当に切羽詰まった状況になってきた。

人の世も音楽も、そして計画も、思い通りにいかないことは多い。

だからこそ面白い!という考え方もあるけれど、今はそんなことも言っていられない。

残りの時間で、可能なかぎりの準備をしよう。

それが、今現在、今日の状況。

 

 

‪【重大発表】‬
‪Mr.ワリコメッツとモンスターロシモフが、それぞれのホームの東京大阪でツーマンライブを開催!‬

 

‪◇大阪・梅田ハードレイン 12月1日(土)‬
‪◇東京・三軒茶屋ヘブンズドア 12月8日(土)‬

 

‪会場では両バンドのクリスマスソングを収録したスプリットシングルを発売予定!‬
‪ご予約は各バンドまで!‬

 

f:id:hiroya_drummer:20180918162138j:image f:id:hiroya_drummer:20180918162146j:image f:id:hiroya_drummer:20180918162246j:image

 

クリスマスにはこれがなくっちゃ!ちょっとバタバタした一日

クリスマスソングの準備も大詰め。

今日この後のスタジオでメドを立てるつもりであるが、どうなることやら。

その前にまずは必要なものを取り揃えておかなければ!ということで、普段は必要ないけれど「クリスマスにはこれがなくっちゃ」、という楽器を買いに行く。

今日行かなければもう時間が取れないし、ネットで通販で買っても、今度は受け取りができない。

という切羽詰まった状況での買い物。

「欲しいものではないけれど今どうしても必要なもの」を買うというのは、生活必需品ならともかく、楽器となると、なんだか複雑な気分ではあった。

でも、そこは思い切って。

必要なものなのだから。

そして、家に帰ってきてから、ふと気づく。

「あぁ、あれも買っておけば良かった!」と。

普段必要ないけれど、レコーディングでは使えるかもしれない小物のことを、後から思い出す。

せっかくわざわざ楽器屋まで行ったのに、何やってるんだか。

そんな感じで、今週のレコーディングに向けて、ちょっとバタバタした一日を過ごし中。