ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

もしかして、あのドラマーか!?

またもやドラム・マガジンを読みながら、Apple Musicで音楽を聴く。

今回は、山口美代子というドラマーのインタビュー記事。

そして、彼女のバンド、BimBamBoomの『Shinzo Baku Baku』というアルバムを。

 

BimBamBoomの「Shinzo BakuBaku」をApple Musicで

 

インタビュー記事によると、バンド結成の経緯は、フジロックに出ていたギャラクティックに触発されて、スタントン・ムーア(=ギャラクティックのドラマー)みたいな、「ドラムが目立っちゃうバンド」を作っちゃおうか!?ということだったらしい。

アルバムを聴いていても、ギャラクティックっぽい感じが大いにある。

良いねぇ!

こういう音楽、僕も大好物だ!

 

インタビュー記事を読んでいて驚いたのが、Nemotroubolterのサポートをしていたという話。

数年前、Mr.ワリコメッツは、新宿のレッドクロスでネモトラボルタと対バンさせてもらったことがある。

その時、サポートドラムは女性の方で、めちゃくちゃカッコいいドラムを叩いていて衝撃を受けたことがあった。

もしかしたら、この山口美代子というドラマーがその人だったのではないか。

対バンの後日、今度はYouTubeでtricotというバンドの映像を観ていた時に、その叩きっぷりから、このドラマーはもしかしてレッドクロスのネモトラボルタのドラマー?と思ったことがあったのだけど、インタビュー記事にはtricotのサポートをしていた話も出てきている。

「おぉ!全てが繋がった!」

真偽のほどは定かではないが、個別の事柄がある日、ひょんなキッカケで繋がっていくのは、非常に興奮する。

山口美代子という、興味深いドラマー。

もうちょっと探ってみたいと思った。

メトロノームを友達に!

自分のドラミングを見直したい。

それがここ最近のテーマ。

アール・パーマーを聴きたくなったのもその一環。

そして最近、久しぶりに仲良くさせてもらっているのが、「メトロノーム」という、テンポをキープすることにかけては誰にも負けない心強いヤローだ!笑

こいつは本当に心強い。

正確無比で、一度決めたテンポは絶対に崩さない。

だけど、心強いだけに一緒にいるとついつい頼りたくなってしまう。

頼ってしまう。

すると、いないと不安になってしまうことがある。

最近は、そうならないように気をつけて、付き合いをさせてもらおうと努めている。

自己を確立してこそ、良い付き合いができるってもんだ!

 

とまぁ、「メトロノームを友達に!」という近況ではあるが、メトロノームも機械の一種と考えれば、メトロノームとの付き合いは、昨日ブログに書いた、「人間とコンピューターの融合」の一形態ではあるなぁ、と思った次第。

生ドラムとコンピューターの融合!?

ドラムマガジンを読みながら、Apple MusicでWONK、DATS、yahyel等の音源を聴く。

生ドラムとコンピューターの融合。

若いドラマーの記事を読むと、それが自然になされているように感じる。

そこには、生楽器と電子音との間に敵対的な関係は微塵も感じられない。

どちらが良い悪いという議論が起こる気配は全くなく、何疑うことなく自然に融合がなされている。

ビート・プログラミング、トリガー、サンプラー、電子ドラム、DAWソフト、DTM

僕にはよく分からない用語もいろいろ出てくるが、生ドラムというのは、そのカテゴリーの中の一部でしかないと言っても過言ではないだろう。

重要度の割合は、ここでは置いておくとしても。

 

人工知能、AIの発達がめざましい昨今。

その影響は、もちろん、音楽の分野に限った話ではない。

チェス、将棋ではAIがプロの棋士を破ったりしているし、会話ができるようにもなってきているからこそ、チューリングテストなるもので、その応対がどこまで人間的かをチェックしたりもする。

そして、コンピューターが発達してきたからこそ、逆に見えてくる人間の可能性もある。

それは先日ブログにも書いた『機械よりも人間らしくなれるか?』という本に詳しい。

 

人間とコンピューターの対決、あるいは融合。

その中から見えてくる、人間に残された可能性。

そのように考えると、ドラムという生楽器の可能性が、まだまだ無限大に広がっているように思えてくる。

緊張感が高まる、近況

Mr.ワリコメッツの、7月に行なわれる二本のワンマンライヴ。

そして、来週行く関西ツアー。

それらが近づくにつれて、周囲の環境も騒がしくなってきた。

ポスター、フライヤー、物販。

準備することがいろいろある。

曲、演奏のクオリティ。

準備することがいろいろと、ある。

その過程で、やはり僕らは多くの人に支えられていると実感する。

人との関係の中で、音楽を、バンドをやらせてもらえていると、実感する。

僕らは本気だけど、周りの人たちも皆本気だ。

その本気を感じ取って、やはりぼくらももっと本気でいかなければ!と循環していく。

うむ。

悪くない。

むしろ、いい循環だ。

けれど、気は抜けない。

気を抜いた途端、僕らはきっと置いてけぼりにされてしまう。

途方もなく、取り残されてしまう。

なかなかの緊張感。

うむ。

悪くない。

緊張感が高まっていく日々の中に身を置いてこそ、力も出せるというもんだ。

 

心の底にパワーが漲る。

ワンマンライヴに向けて、そのパワーをどんどん解放していくんだ!

ドラム探求の旅 ー石若駿『CLEANUP』ー

ドラムマガジン1月号の記事を読みながら、紹介されているドラマー、石若駿の音源をApple Musicで聴く。


石若駿の「CLEANUP」をApple Musicで

 

かつては雑誌で紹介されている音源を聴きたいと思ってもCDを買いに行かなければならず、全てを購入することも不可能なので、ちょっと興味を持っても聴くことすらできないことがほとんどだった。

それが今やストリーミングサービスで、聴きたいと思った瞬間にすぐ聴くことができるのだから便利な世の中になったものだと、改めて思う。

しかも、月額の定額制で。

 必要なのは、検索するというちょっとした一手間と意欲だけだ。

裏を返せば、ここで見つからないものは存在しないも同然かのようになってしまうので、それはそれで怖いことでもあるが。

 

ともかく、石若駿『CLEANUP』である。

ジャズを基盤にした音楽。

軽くて広がりのあるサウンドが気持ち良い。

全ての音を包み込むかのよう。

こういう音、出したいなぁ。

聴いていて、曲によってはどうやってリズムを取っているのか分からない場面もある。

まだまだ、学ぶべきことがたくさんあるなぁ。

ちなみに、この石若駿というドラマーが紹介されていた記事は「Since 1992 U-25 Drummers」というもので、25歳以下のドラマーを取り上げた規格である。

うーむ。

唸らせられる。

 

ドラム探求の旅は、今日も続く。

人間らしさとは?

人間らしさとは何か?

ブライアン・クリスチャン著『機械より人間らしくなれるか? ーAIとの対話が、人間でいることの意味を教えてくれるー』という本を読んで、その意味するところは単純ではないな、と思い知らされる。

機械と人間。

コンピューターと人間。

AIと人間。

その対比の中で見えてくる、「人間らしさ」というものの正体。

そして、曖昧になっていく境界線。

人間に近づいていくように見える機械と、機械的な反応を求められる資本主義社会における人間。

その交錯するところに深い問いがあるように思われる。

 

音楽の世界でも、機械と人間との関係は益々深くなっているように見える。

個々の事象はひとまず置くとして、たとえば、「機械的な演奏」と「人間味あふれる演奏」との違い。

これもどちらが良いとか、単純に言えるものではないし、そもそもその問いの立て方や区別の仕方が間違っているのかもしれない。

 

人間らしさとは何か?

音楽をやっていく上でも、とても興味深いテーマである。

並べて聴いてみて分かる、個々の違い

いつでもスタジオに行って練習できたら、それに越したことはないけれど、いろんな制約があってそれが叶わないことも多い。

そんな時は音楽を聴きながらイメージトレーニングに励むこととなる。

音楽を聴く。

お気に入りの音楽を聴く。

たとえば、ハイ・スタンダード「MAXIMUM OVERDRIVE」を聴く。

続けて、ドーベルマンパブロ・ピカソ」を聴く。

うーん、やっぱりドーベルマン良いなぁ!

先日のワンマンでも強く印象に残っている「デンジャラスボーイ」なんかも聴いてみようか。

なんでこんなにもドーベルマンに惹かれてしまうのだろうか?

続いて、グリーン・デイ「バスケット・ケース」を聴く。

いずれも、早くて痛快、勢いのあるビートを持つ曲。

けれど、こうやって並べて聴いてみると、やはり個々で何かが違う。

表情が違う。

顔つきが違う。

並べてみることで、それぞれの個性を感じる。

こうやってちょっとだけ関連がありそうなものを横断的に聴いていくのは、なかなか面白い作業。

 

時間がない日における音楽生活の、ちょっとした一端。