音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ジャズが聴きたい

ジャズが聴きたい。

けど、何から聴いていいのか分からない。

ジャズという広くて深い世界を目の前にすると、最初の一歩を踏み出すのに思わず躊躇してしまう。

そんな状態がもう何年も続いているような気がする。

 

最近、富澤えいち著『頑張らないジャズの聴き方』という本に出会った。

この本はまさに「ジャズを聴いてみたいけれど、どこから入ったらよいのかわからない」を解決する本。

読みながら、紹介されている曲を1曲ずつ聴きすすめている。

これ、曲単位で聴いていくというのがひとつのポイント。

アルバム単位ではなく。

アルバムだと1枚通すのに時間がかかってしまうからね。

「枯葉」を聴いて、ジョン・コルトレーンを聴いて、ピアノ・トリオを聴いて、とやっていくうちに、今度こそ本格的にジャズの世界にどっぷり浸かっていけそうな気がしてきた。

いや、勘違いかもしれないけれど。

 

そんなこんなで、ジャズを聴く日々。