音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

レコーディングもひと段落、そしてライヴへ!

ミックスダウンを一通り終えて、レコーディングも昨日でひと段落。

ライヴもツアーもしながら並行して音源製作をも進めていくのは、時間のやりくりなどを含めて、やはり大変なものだなぁと改めて実感した今回のレコーディングであった。

スプリット盤、再録、それぞれの音源が形ある作品となって手元に届くのを期待しながら、そしてより多くの人たちの手元に届くのを心待ちにしながら、それでも音楽活動は前に進んでいく。

明日、明後日は、Mr.ワリコメッツのライヴが続く。

レコーディングの過程は、自分の、そして自分たちの音楽を見直す良いきっかけとなった。

僕たちバンドは、楽曲の世界観を共有し、バンドの世界観を表現する。

それが人の琴線に触れ、何かを感じてもらえることができたら、これほど嬉しいことはない。

そのためには、何をすべきで、自分には何ができるのか?

以前とはまた違った形でライヴというものを楽しみに感じている。

いや、楽しみで仕方がない。

 

ちなみに、明日8日のライヴは阿佐ヶ谷マスウェルというお店で。

パインズマインズの「はっぴいえいと」というイベントで、2マンライヴ。

パブのような場所で酒場の音楽を楽しめる。

こういう店でのライヴだからこそ、やりたい曲もある。

f:id:hiroya_drummer:20181107085555j:image

 

明後日9日のライヴは久しぶりの我らがホーム、新宿レッドクロスにて。

7月のワンマンライヴ以来の出演。

レッドクロスの音はサイコーだから、久しぶりに鳴らす音が楽しみで仕方ない。

対バンは、岡山から匕首蝮(ドスマムシ)と、そしてTHE HIGHという3マン。

匕首蝮とは6月の磔磔以来、THE HIGHとは5月の諏訪ライドオン以来の共演で、なかなか興味深い組み合わせ。

久しぶりのレッドクロスで、強力な共演者たちに負けないステージをぶちまかしたい!

迎えうつつもりで。

 

マスウェルはお気楽にふらっと、レッドクロスは予約もまだまだ受け付け中!

http://mrwaricomets.info/schedule#reserve