ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

小田原豊さんと、桑田佳祐「ROCK AND ROLL HERO」、そしてリンゴ・スター

昔、桑田佳祐ROCK AND ROLL HERO」という曲が好きだった。

 

桑田佳祐 - ROCK AND ROLL HERO - YouTube

 

この曲のレコーディングに参加しているミュージシャンのクレジットを見て、小田原豊というドラマーの名前を知る。

そして、昨夜。

荻窪ドクターにて行なわれたイベントにMr.ワリコメッツは出演。

対バンとして出ていたデルタロケッツというバンドに、その小田原豊さんがドラマーとして参加していた。

 

f:id:hiroya_drummer:20180702170801j:image

 

そのドラムプレイを見て感じたのは、「何か特別なことを演る必要はないのだな」ということ。

特別なことを演る必要はないけれど、何を伝えたいかが明確であり、ちゃんと伝わるプレイをすることが大事なのだな、と思った。

そして、説得力のあるプレイ。

それは文章を書くことに例えると、名文を書く必要はない。

名文である必要はないけれど、ちゃんと分かりやすく、伝わる文章を書くことが大事だということ。

そして、ちゃんと説得力を持たせることも。

それが、プロとしての仕事。

 

良いプレイを見させてもらって、感激した。

しかも、桑田佳祐ROCK AND ROLL HERO」を彷彿とさせるフロアタム主体のプレイを観られたのだから、感動もひとしお。

 

終演後、小田原さんと話す機会を得て、あの「ROCK AND ROLL HERO」を匂わすプレイを観られて感動したことを、率直に伝えた。

それを喜んでいただけたのが、なお嬉しかった。

そうして小田原さんは、気を良くしたのか、その話の流れで、リンゴ・スターからの影響を語り、自らドラムセットの前に座り、指で叩きながらの実演を交えながら、いかにリンゴ・スターのドラムがカッコ良いかを熱弁してくださった。

 

そんな小田原豊さんは、とても眩しく見えた。

サイコーに嬉しい夜だった。