音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

人に会うこと、喜んでもらうこと

つい先日の週末のことを振り返る。

渋谷〜原宿間にある、Galaxyでのイベント出演。

吉祥寺ブラック&ブルーに行って、ただただ楽しんだライヴイベント。

そこでは、いろいろな人たちに会い、話をした。

別の機会にライヴハウスで会い、この度初めてMr.ワリコメッツのライヴを観てくれた方々。

以前ワリコメッツのライヴを観たことがあり、今回たまたま、また観る機会を持つことになった方々。

対バン経験があって、久しぶりにライヴを観てくれた人たちもいた。

もちろん、慣れ親しんだ仲間もいる。

ただ遊びに行ってこっちは楽しんだだけなのに、久しぶりにあって、「今度ツーマンやるんでしょ?行こうと思ってる」と言ってくれる人たちも少なからずいたし、そこまで具体的でないにしても「またワリコメッツを観たい」というコメントだけでも、嬉しかった。

それから、ワリコメッツがどうとかは関係なく、久しぶりに会って交友を深められた方々。

会って話をするのは初めてだけど、ただなんとなく話し始めて交友を持った方々。

 

ライヴハウスという音楽の場には、いろんな人たちが集まる。

いろんな人たちが集まってきてこそ、音楽の場も活気が満ちたものに変わり、活性化する。

「人は1人では生きていけない」という、ごくありふれた言葉も、こういう場にいてこそ、やはり大事だなと実感する。

こういう人たちに会って交友を持つと、音楽をやっていて良かったな、と思う。

ついでに言うと、お酒を好きで良かったな、とも思う。

それは、お酒を飲むことの、単なる言い訳かもしれないが。

 

とにかく、より多くの人たちに喜んでもらいたい。

人に会うことが僕にとって何らかの意味を持つのと同じように、人が僕らの音楽に何らかの意味を見出してくれたら嬉しい。

それが、今僕の、音楽への情熱の原動力となっている。