音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ワクワクする、初めて観るライヴに

とあるバンドのライヴを、初めて観る。

それは、とてもワクワクする体験。

彼らは、どんな音を鳴らすのだろう?

どんな音楽を演るのだろう?

もちろん、彼らの音源はいくつか聴いている。

けれど、音源で聴くのと、生のライヴで聴くのとでは、当然聴こえ方が違う。

そして、彼らはステージ上でどんなパフォーマンスを繰り広げるのだろう?

フロアの雰囲気は?

そんな全てを含めて、新たな体験となる。

現場でしか味わえない、新鮮な体験。

終わってみて「良かった」と思えるかもしれないし、あるいは「いまいちだったなぁ」と思ってしまうかもしれない。

けれど、すべては体験してみないと分からない。

どう感じることになるだろうか?

どんな体験になるだろうか?

それは、分からないからこそ、ワクワクする。

 

理想を言えば、この一週間でもっとそのバンドの音源を聴きこんでおきたかった。

けれど、時間が足りなかった。

それは仕方がない。

今知っているのはこれだけだと観念して、あとは心をオープンにして彼らのライヴに向き合うだけだ。

変に事前情報を取り入れていない方が、かえって楽しめることもある。

 

さぁ、これから、ライヴ会場に向かう。

十年以上ぶりに行くハコだ。

それも含めて、今、とてもワクワクしている。

 

続きは明日!

いや、書くかどうかは分からない。

書かなければならないと思うと、ワクワクできなくなってしまうから。