音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

カウントダウンだ!「5-4-3-2-1!!!」

あれは何年前だったろう。

東高円寺UFO CLUBで開催されていた「5-4-3-2-1!!!」に初めて行ったのは、ゴールデンウィーク真っ最中の土曜日だった。

「こんなに楽しい場所があるのか!?」と衝撃を受けた。

「求めていたのはこれだ!」と刺激を受けた。

ライヴハウスは遊び場なんだと心の底から思えたのは、この時が初めてだったかもしれない。

音楽で踊り、酒を飲み、人と出会う。

そんな遊び場。

そんな影響から、当時やっていたバンド、ダンスグッズの主催で「Having a Party」というイベントをやって、「5-4-3-2-1」、通称「ファイヴフォー」のAraiさんによくDJで出演してもらってもいた。

 

そんな主催イベントもやらなくなり、時間的な問題や趣味嗜好の変化から、そのようなイベントにも行かなくなってしばらく経った。

そんな折。

UFO CLUBとファイヴフォー共同主催の年越しライヴイベントの出演オファーがMr.ワリコメッツに舞い込んできた。

そしてそれが、今日。

Mr.ワリコメッツでファイヴフォー関連イベントに出演することになるとは思ってもいなかった。

しっかりガッツリやるぞー!と気合いも入るけど、久しぶりのファイヴフォーがただただ楽しみだけだったりもする。

出番が終わったら、早速ビールを飲み、サイコーの音楽でただただはしゃぎたい、と気持ちが先走る。

 

さぁ、ハッピーニューイヤーへ向けて!

音楽と共に遊ぼう!

 

f:id:hiroya_drummer:20181231194612j:image