音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

久しぶりのスタジオに想う

昨夜は、久しぶりにMr.ワリコメッツでのスタジオ入り。

こういうことは書かない方が良いのかもしれないけれど、ここでは正直に書いてしまおう。

実は、12/10のワンマンライヴ後初のスタジオなのであった。

ということは、ワンマンのアンコールで一緒に音を出したのが最後だったわけで、昨夜まで、長い余韻を楽しんでいるような格好となった。

けれど、その間メンバーそれぞれが考え、LINEを通じてやり取りしていたのは来年上半期の活動計画。

気持ちの上では、余韻を楽しんでいる暇もなく、未来思考で前を向いているものであったように思う。

そんなだから、久しぶりに一緒に出した音も先を見すえた前向きなもの。

具体的には12/31京都VOXhallでの年越しライヴに向けての準備が中心なのだけど、そこで如何に人の心を捉えることができるか?そして新しいチャレンジをすることができるのか?短い時間ながらも、活発な意見交換を含む充実したスタジオだったように思う。

 

年末年始。

ゆく年くる年。

除夜の鐘。

いつ頃からか、日本人の年越しの過ごし方も大きく変わってきたように思う。

一年を振り返り、次の年に想いを馳せる。

厳かな時間の過ごし方が、いつの間にやら「新年おめでとう!」というようなお祭りに変わってきたと思う。

いや、お祭り騒ぎの中に、「一年を振り返り、翌年に想いを馳せる」機能が備わっているのかもしれない。

いずれにせよ、僕らは今回の年越しを京都VOXhallというライヴハウスで迎える。

どんな1日になるのだろうか?

それは、その時、その場にならないと分からない。

 

さて。

いよいよ年の瀬も本格的に迫ってきた。