ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

難しいからこそ、面白い!?〜リハーサルを終えて〜

リハーサルをやってきた。

なんだか、気持ちが高揚している。

難しいけれど面白いもんだな、と思う。

いや、難しいからこそ、面白いのかな。

 

今夜は、渋谷と原宿の中間地点ほどにある、「Galaxy-gingakei」というイベントスペースでMr.ワリコメッツのライヴがある。

今さっき、その会場でのリハーサルを終えたばかり。

ここは普段、バンドのライヴをやる会場ではなく、いろいろな用途に使用する多目的ホールである。

だから音響もバンドサウンド向きにはなっていないし、機材もイベント主催者がレンタルしてきたものだ。

PA卓や、モニター、アンプ、ドラムセットリスト、その他何から何まで。

そんな訳で、今回の会場での音作りはとても難しい。

あらかじめそう聞いていて、心の準備もしてきたけれど、会場に着いてみて、やはり難しそうだなぁ、と思った。

人間、窮地に陥ると考えるものである。

真剣に考えるものである。

そして、リハーサルでいろいろ試してみた。

「こんな感じではどうかな?あるいは、こうしてみたらどうかな?」と。

そしてどうやら、この緊張感が今の気分の高揚に繋がっているようだ。

 

リハーサルでは、それなりの感触は得た。

けれど、本番ではまたどうなるか分からない?

機材ドラブル。

響きの変化。

本番では、演者であるこっちの気持ちも違う。

本番ではきっと何かが起こる。

そして、それにどう対応できるか?

うまく対応するには、素早くレスポンスできるように心の眼を見開いておく必要がある。

いつだってそれは、必要なことなのだけど。

普段の環境と違うと自然とそんな感覚が研ぎ澄まされる、そういうことだってあるだろう。

 

難しい。

難しいからこそ面白い。

難しい環境を楽しんでいる、自分がいる。