音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

もっと、音楽の話をしよう!

好きな音楽や、今ハマっている音楽の話をするとする。

それに対して、「実は私もその音楽が好き」とか、「そのバンドだったら私はこの曲やアルバムが好き(だった)」とか、「この曲を聴いてその音楽が好きになった」とかいろんな反応が返ってくる。

それに対してまた自分が反応し、また反応が返ってくるという繰り返しが起こる。

このようにして音楽にまつわる話が発展していくのは面白い。

これだから音楽の話をするのはやめられないし、さらにまた音楽を聴きたくなる。

 

昨日、最近ラモーンズを聴き込み始めたことをブログに書いたり、今聴いていて気になった曲をTwitterにシェアしたりしていたら、いろいろな反応が返ってきた。

やっぱりみんな、ラモーンズが好きなんだ!

こうやって反応が返ってくると、またさらにラモーンズを聴き込もうというモチベーションが高まる。

好循環。

 

やっぱり僕は音楽が好きだし、音楽を聴くのも、音楽の話をするのも好きだ。

自分でもドラムを演奏しバンドもやっているけれど、その前にまず、僕は一音楽ファンなのだ。

それが僕の、譲れない立場。

それが良いか悪いかは別として、今さら抗えない立ち位置。

それは強みになるのかもしれないし、弱みになるのかもしれない。

けれど、1つのアイデンティティであることには変わりない。

 

好きな音楽の話を、もっとしていきたい。

ジャンルやスタイルには縛られたくない。

音楽好き仲間、募集中!笑