音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

基礎ってなんだ?

基礎が大事だと言う。

音楽にとっての基礎ってなんだろう?

音感?

リズム感?

 

「では、基礎から始めましょう!」と言う。

ん?キソ?

基礎ってなんだ?

いや、「基礎」という言葉の定義の話をしているんじゃない。

この場合の基礎って、具体的にはなんのことなんだろう?

そういう話をしている。

「音楽の基礎から始めましょう」という時、では、具体的には何から始めたらいいのか?

考えれば考えるほど、分からなくなる。

 

楽器をもっと上手く弾けるようになりたい!

それは、音楽をやっているものならば、自然に出てくる欲求。

そして、腕をあげたいと思った時に、もう一度基礎から見直そうとするのも常套手段だろう。

けれど、その「基礎」がなんなのかを具体的に捉えられないと、一向に前に進めない。

 

旅にたとえてみよう。

目的地がある。

いろんなルートがある。

効率よく目的地に到着するルートもあれば、寄り道ばかりのルートもある。

どのルートをたどるのか?

正解はないような気がする。

自分の直感を信じて、ひとまず歩き始めてみることしかできない。

それが、今ひとまずの結論。

 

「キソ」がどこかに行ってしまったが、ともかく、まずは具体的な一歩を。