音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

音楽は僕らに、何も与えてくれないのだろうか?

手元に、『音楽は何も与えてくれない』という本がある。(著者は津原泰水氏)

音楽にたずさわるものにとっては、刺激的なタイトルのこの本。

まだ読んでいないので内容は分からないけれど、あるいは逆説を用いて読者に強く問いかけているのかもしれない。

さて。

音楽は僕らに、何も与えてくれないのだろうか?

そうとも言えるし、そうじゃないとも言える。

と、僕は今のところ考える。

音楽は、単なる幻想?夢?

けれど、音楽は人の心を捉えて、世の中を大きく変えてしまうことだってある。

1950年代のロックンロールがそうだったように。

1960年代のソウルミュージックがそうだったように。

 

ブログを書くにあたって、しばらくそのスタンスに迷っていた。

迷いがあって、更新も滞った。

日々を綴る日記なのか?

好きな音楽を語るコラムなのか?

そして、バンド活動をゴールとする宣伝なのか?

それは、これからも迷うかもしれない。

それはそれで良しとする。

ひとまずの結論。

このブログは、「本と実践を通して音楽を考えるエッセイ」。

そこを目指したい。