音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ポイント2点の、振り返り

昨夜のステップヘブン。

ポイントは2点と書いた。

 

1点目は、僕が演奏できるレパートリーの数。

これはまだまだ足りないと思い知らされた。

お客様のリクエストなどもあり、急遽、休憩中に楽屋で聴いて思い出しながら挑んだ曲がいくつかあった。

そしてアンコールでは、もうかれこれ5年くらい、演奏はおろか、聴いて思い出すこともなかったような曲を、急遽演奏した。

何の曲を演るのかを知らされずにギターのストロークから曲が始まり、「うわ、この曲は何だ?」と大いに焦り、でも身体はリズムに無意識に反応。

曲が始まってしばらくは、何の曲を演っているのか分からないままだった。

お恥ずかしい(笑)

次回、川越ステップヘブンに出演するのは、8月3日の土曜日。

その時までには、もうちょっとレパートリーを増やそう。

 

ポイントの2点目は、音作り。

最優先事項は、音の響きすぎ対策。

今回は特に、スネアの音作りに焦点を絞った。

ガムテープを使ってのミュート。

普段は、自然でオープンな響きが好きなもんで、こんなにミュートしまくったのは初めてかもしれない。

それが功を奏して、前回よりも安定したサウンドを提供できたように思う。

詳しくはまた録音で確認するとして、こちらはひとまずの成果。

次回もまた、音作りに関して何かしらのチャレンジをしたいと考えている。

 

そんなこんな。

結果報告的な振り返り。