音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

今夜のポイントは2点

先週に引き続き、今夜も川越ステップヘブンに出演。

ということで、電車に揺られながら川越に向かっている。

そして、移動時間がわりと長いので、この時間を使ってブログを書く。

 

先週は、久しぶりのステップヘブン出演だった。

たぶん5年ぶりくらい。

緊張もあったし、慣れないステージ時間にバテもあったが、今週は先週の反省を踏まえて、もう少しうまいことできたらな、と思う。

 

今回のポイントは2点。

まずは、レパートリーが少なかったので、1週間で曲数を増やすべく準備してきた。

15曲程度。

この中には、先週準備してなかったけれど本番でやってしまった曲も含まれる。

これでレパートリーが60曲程度にはなったかな。

1日40曲くらい必要なので、やはりこれくらいはないと厳しい。

そして、本番で、新しい曲をどれだけものにできるか?

 

2点目は、音作り。

久しぶりの川越ステップヘブンでは、音作りの難しさを感じた。

どう難しいか?

普段通りに演奏すると音が響きすぎてしまう。

それでは、歌の邪魔をしてしまうし、アンサンブルだって気持ちよくならない。

必然的に、うるさくならないように気を使って演奏することになる。

先週は、このコントロールがしきれない場面がままあった。

そして、うるさくならないように、ただ抑えて演奏すればいいというわけでもない。

全体のバランスを考えながら、それでもやはり、気持ちのいい音で演奏したい。

先週は試みにシンバルを持ち込んでみたけれど、今週は現地にある楽器だけを使ってみる。

ものは試し。

試行錯誤の繰り返しから、良い音が生まれるのだと考えている。

 

そんなこんなで、まもなく川越。

なにより、今夜も楽しんでいこう!