音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

オールディーズやソウル、ディスコなどの曲を演奏

バンドのレギュラーメンバーに欠員が出る場合、その日だけ代役を立てることがある。

その代役のことを、これは業界用語なのかどうか知らないけれど、「トラ」と言う。

そして、昨夜はトラとして、川越ステップヘブンに出演してきた。

 

川越ステップヘブンでは、オールディーズやソウル、ディスコなどの曲を演奏。

久しぶりの出演だったこともあり、1st ステージの前半では、演奏にやや固さが出てしまう。

2nd ステージからは徐々に慣れてきたけれど、緊張感からか、3rd ステージからは今度は疲れが出てきてバテ始める。

ステージのセットリストは本番直前に決まるし、なんならステージ上で曲が変更になったりするので、注意力を使いはたしてしまったのだろうか?

集中力が切れかかったけれど、これが最後のステージだと切り替え、4th ステージまでなんとか乗り切った。

 

これは大変なお仕事だよなぁ、と改めて実感したりもしたけど、楽しくてやりがいがあるなぁ、と思ったりもした。

一夜明けてみて、「なんだか良い1日だった!」としみじみ感じる。

今このタイミングだからこそ、良い経験と感じるのかもしれない。

やっぱり音楽って、良い!

ドラムって、楽しい!

ステージって、幸せ!

気持ちを新たに、来週また川越ステップヘブン。

楽しみである。