音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

欲しい!ライドシンバル!③

ヤフオクで購入したライドシンバル(欲しい!ライドシンバル!② - 音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜)が届いた。

数日前のことである。

期待と不安を胸に、早速開封してみる。

「軽い!」

それが、手にした時の第一印象。

そして、まじまじと見る。

観察する。

ピカピカではない、枯れた感じの印象。

シンバルの真ん中を、手のひらを支えにして持ち上げて、軽く手で叩いてみる。

広がりのある響き。

そんな諸々から好感触を得る。

「早くスタジオで試したい!」

 

その機会は、昨夜やってきた。

Mr.ワリコメッツ、久しぶりのスタジオ。

蒲郡バズハウスでライヴをやって以来の、皆での音出しだった。

結論から言ってしまえば、その新しいシンバルは、欲しかったサウンドが得られる、いや、それ以上のものを引き出せると言っても過言ではない、素晴らしいものであった。

楽器屋で試奏した時(欲しい!ライドシンバル! - 音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜)に買わなくて良かった。

いい買い物をしたなぁ。

 

それにしても、「良い音」で演奏することはこれほどまでに大事なことなんだな、と改めて思い知らされた。

新しいシンバルの好影響か、ドラムが良い音で鳴る。

そして、ベースが良い音で鳴り、ギター2本も良い音で鳴る。

ハーモニカも良い音で鳴る。

そんな昨夜は、とても気持ちの良いスタジオであった。

 

そしてまた、新たな楽器を手に入れたい、という感情がふつふつと湧きおこるのであった。