音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

最後のステージは何年前だったろう?

急ピッチで曲を覚えている。

いや、正確に言うと覚えなおしている。

最後のステージは何年前だったろう?

そのあとも別のバンドで演奏したりとかで折にふれ接触した曲もあったけれど、最後のステージ以来一度も思い出すことのなかった曲もある。

レパートリー表とにらめっこしながら曲をさらっていくと、「こんな曲もあった!」という発見が意外なほど多くあるのだから、びっくりする。

中には、元々好きで聴いていて、その後ハコバンでも演奏していたのに、元々聴いていたことは覚えていて、ハコバンで演奏していたことはすっかり忘れてしまっていた曲もあった。

人間の記憶力は当てにならない。

いや、僕の記憶力は当てにならない、と言った方がいいかもしれない。

普段のライヴとは違って完全に暗譜しなければならないというわけではない。

けれど、可能なかぎりの準備はしたい。

当日楽しむためにも。

これから1週間は、記憶力との闘いである。

 

7/13(土)は、川越ステップヘブンに久しぶりに出演である。