音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

やりたいことと、求められることの間

久しぶりにブログを書いてみようと思う。

なんだろう。

急に書いてみたくなった。

書きたくなった。

書かなければならないと思った。

伏線はあった。

「発信しなければ、存在しないのと同じなのではないか?」

そのような言葉に刺激された。

そう、言葉にまみれながら過ごす日々。

 

ゴールデンウィーク明けの今日、僕らは名古屋に行ってライヴをする。

「なぜゴールデンウィーク明けなんかにやるの?」

そう尋ねられることもある。

「オファーがあったから。」

そうとしか言いようがない。

オファーを受けて、スケジュール、条件、その他もろもろ検討して、「よし、行こう!」と決めたのは僕らではあるけれど。

自分がやりたいことと、他人から求められること。

そして、理想と現実。

それらは、重なることもあるし、離れてギャップが生まれることもある。

付いたり離れたり。

あるいは、付かず離れず。

嬉しいときもあれば、辛いときもある。

充実感があるときもあれば、もがき苦しむときもある。

 

ゴールデンウィーク明けの、通勤時間帯の電車に揺られながら、たまたま乗り合わせた人たちを見て想像する。

「この人たちの理想と現実はどんなものなのだろうか?」

答えは分からない。

ただ想像するのみである。

大型連休明けの今朝だからこそ、そのギャップを感じている人も多いのではないか。

そんなことを考えながら、名古屋へと向かう朝であった。