音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

歩みはノロいが。

あまりブログを書かなくなって久しい。

今は発信することよりも、自分の興味を掘り下げていく期間。

そのように認識し、足りない時間の中でやり繰りした結果、現状はこうなっている。

特に深い意味はない。

何の意図もない。

 

今の興味は、「音楽と身体」。

特に、「身体」への比重が高いかもしれない。

からしばらく続いている興味。

楽器を演奏するのでも、歌を歌うのでも、まずは身体を使って行なわれるのが大前提。

そして、身体の使い方一つで、その結果が大きく変わってしまう。

特にドラムという楽器の演奏は、身体との結び付きが強いように思われる。

歌というのは「身体」が楽器である、というようなことも言われる。

ともかく、身体の使い方を根本的に作り変えたいと考え、日夜研究中である。

歩みはノロいが。