音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

伝統と革新

昨年のファンダンゴでのライヴを無事終えて、今日は大阪から京都へ移動。

磔磔でのリハーサルを終えて、宿にチェックイン、宿で休憩中という今現在の状況。

それにしても、ここ最近の京都の宿泊施設の充実ぶりには驚かされる。

安くて綺麗なところがどんどん出来ているという印象がある。

古くて新しい街、京都。

伝統と革新。

歴史と未来。

ファンダンゴでのライヴでは、日本の音楽シーンの歴史と未来を考えさせられた。

ファンダンゴの歴史と伝統。

当時のウルフルズのことなど、示唆に富んだ内容の話を聞く。

そして、ファンダンゴのこれから。

ライヴハウスもバンドも、歴史と伝統を踏まえつつ新しいことに挑戦していかなければ、やがて淘汰されてしまうだろう。

僕らにも、できることはもっとあるはずだ。

気合いが入ったところで、今夜の磔磔に備える。