音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

歌うだけで、新鮮な驚きがあった

今年に入ってから早くも、もう十日ばかり経つ。

そして、ようやく落ち着いて音楽に取り組める環境が整いつつあるかな?という近況。

やりたいこと、やるべきことは山のようにあるが、そのうちの一つが、「歌う」こと。

ボーカル、コーラスと、ライヴの現場での実用的な面もあるけれど、「歌う」ことにはもっと深い意義が隠されていると思う。

音楽への理解が深まることが一点。

フレーズ、ニュアンス、世界観。

「歌う」ことで曲への理解が深まる。

それは、楽器の演奏にもダイレクトに繋がる。

「歌う」ことで、ドラム演奏にも良い効果が期待できる。

もう一点が、身体への理解が深まること。

「歌う」ことで、自分の身体の使い方と向き合う。

歌も楽器演奏も、自分の身体を使った表現だ。

その身体の使い方、使われ方に意識を向ける。

「歌う」ことはその一助となる。

 

ともかく、今日は歌ってみる。

録音しながら歌ってみる。

歌うことには、やはりあまり慣れていない。

歌うだけで、新鮮な驚きがたくさんあった。

熱中して、あっという間に時間が経っていた。

「歌う」こと。

まずはここに、取り組んでみる。