音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

束の間のハッピータイムなのかもしれない

駅の改札を出るとすぐ、デパートへ上がるエレベーターが見える。

そのちょっと手前で、デパートの関係者と思われる方がクリスマスケーキを売っている。

バックでは、フランク・シナトラが歌う「ジングル・ベル」が流れている。

 

その様子を横目で見ながら、その前を横切った時、「これからいよいよクリスマス本番が始まるんだな」と実感した。

今まで無関心だったクリスマスというものに、今年は無関心ではいられない。

だから気に止まった光景。

 

そしてしばらく、クリスマスというものに思考をめぐらす。

クリスマスというものは、束の間のハッピータイムなのかもしれない。

辛い時間を過ごしている時。

厳しい時間を過ごしている時。

あるいは平凡で退屈な時間を過ごしている時。

どんな時にも、クリスマスは皆に平等にやってくる。

今年、僕にそれがやってくるのは唯一、23日だけだろう。

12月23日。

僕にとっては、この日がクリスマス本番なのかもしれない。