音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ポジティブなエネルギーに

蒲郡から東京に戻って帰宅したのが夕方暗くなったくらいの時間。

それからは疲れを癒そうと、ゆっくりダラダラとした時間を過ごす。

昨夜の蒲郡は、なんと言うか、「音楽をやっていて良かったな」と改めて喜びを感じる夜だった。

Twitterにも書いたりしたけど、蒲郡バズハウスは噂に違わず、いや、それ以上に熱いところだった。

音楽も、結局は人だ。

熱い気持ちを持った人が集まり、純粋に好きなことに突き進めば、そこにはさらに人が集まり、エネルギーが増していく。

そんな場所で過ごした一夜を明かし、移動の車中でバンドメンバーと語らい、今また、ポジティブなエネルギーに満ち溢れているのを感じる。

現状は、はっきり言ってまだまだだ。

でも、もがき苦しみながら進んだ先には、素晴らしい眺めが待っていると確信している。

そう!確信している。

明日また日常に戻り、時間との戦いが待っていることだろう。

その中で、目一杯やりきる。

一日一日を大切に、あちこちぶつかりながら、もがいてもがいて進んでいこう。