音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

今池にて

昨日は東京から名古屋へゆっくり目の移動。

途中、ガソリン給油中にタイヤのパンクが見つかるという、ちょっとしたトラブルに見舞われながらも、時間ギリギリに今池ハックフィンに到着。

いや、厳密に言うと遅刻。

いや、明らかな遅刻。

ご迷惑おかけした皆さま、ごめんなさい。

バタバタとリハーサルして、宿にチェックインして、ワリコメッツのCDも置かせていただいている「ワイルドハニー」に寄ってCDを購入。

 

f:id:hiroya_drummer:20181215105212j:image

 

ニューオーリンズの棚にあった、チャンピオン・ジャック・デュプリーを。

名前だけ聞いたことがある。

そんな距離感にあった音楽に、実店舗で現物を通して出会うことの喜び。
「あの時、あそこで買った!」という記憶が、音楽そのものに彩りを添える。

チャンピオン・ジャック・デュプリーが、ニューオーリンズの音楽であると同時に、今池の音楽にもなるという反応が、僕の中で起こる。

 

f:id:hiroya_drummer:20181215105223j:image 

 

そして、すぐさまライヴのステージへと流れ込む。

今回は、モンスターロシモフとのスプリットシングル『Saint Cross Road』を携えてのツアー。

 

f:id:hiroya_drummer:20181215110646j:image

 

先週、先々週と、モンスターロシモフとの2マンショウを経て、CDにも収録したクリスマスソングが育ってきているのを感じる。

フロアの反応から、そう感じる。

ライヴを通して育っていく楽曲。

そこには予測のつかないマジックが潜んでいるように思う。

 

今夜は、蒲郡に移動してバズハウスでのライヴ。

f:id:hiroya_drummer:20181215110144j:image

噂に聞く魔境 、バズハウスへの初出演。

どんなマジックが起こるのか!?

楽しみで仕方がない。