音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

どうだ!すごいだろう!?

大阪からの長旅を終え、ひと息入れて、そして昨夜のことを振り返る。

まずぱっと思い浮かぶのは楽しかった思い。

モンスターロシモフや、店のスタッフさんや、お客さんとして足を運んでくれた方たち。

もちろん、ワリコメッツのメンバーも含めて、多くの仲間たちとの関わりがあってこそ、また新たな楽しい一夜が生まれてくる。

昨夜はそんな素晴らしい夜だったと思う。

そして、その楽しかった思いの奥から、「充実感」のような感情が顔をのぞかせる。

「充実感」と言っていいのかどうか、それはよく分からない。

とにかく、何かを成し遂げたような気持ちを感じていることは確か。

準備してきたことが1つ、形になったことによるものだろう。

特に、夏頃から準備してきた音源『Saint Cross Road』が発売開始になったことが大きい。

僕らMr.ワリコメッツとモンスターロシモフとによる、このクリスマス・スプリットシングルをいよいよ世に問うことになる。

「どうだ!すごいだろう!」と自慢したい気持ちだけど、良い悪いを評価するのは作品を聴いた人自身だ。

そのスタート地点に立てたことが、「充実感」のような気持ちに繋がっている。

勝負はこれから、だ。

 

f:id:hiroya_drummer:20181202235950j:image f:id:hiroya_drummer:20181203000205j:image