音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

日常に戻る、その落差

一昨日、昨日と2日連続でライヴだった。

「ライヴ」という場の不思議さ、素晴らしさを改めて感じた2日間であった。

だから、人は、「ライヴ」という場に取り憑かれる。

「ライヴ」という場には、何か魔物のようなものが住む。

そして、この2日間で関わった皆さまには、とても感謝している。

今来た道、これからの道、交差することもあれば、交わらないこともあるだろうけれど、それでも僕らは前を向いて進んでいく。

次のステージを求めて進んでいく。

 

と、そんなことを考えるのも束の間、一夜明けて強制的に日常に引き戻される。

日常に戻されると、考えごとをする時間さえなくなる。

喜びだろうが、悩みだろうが、その間に薄まってどこかに消えてなくなってしまう。

気づいたら見当たらなくなっている。

2日間のライヴと今日という日常の落差に戸惑いながらも、それでも僕らは、また前を向いて進んでいく。