音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

アメリカの、南部の、オールドな

ドラマーのアール・パーマーが参加しているということで、ボニー・レイット『Takin' My Time』を聴いてみる。

Takin' My Time by Bonnie Raitt on Spotify

今までに一度は聴いたことのあるアルバムだとは思うけど、内容を覚えてはいなかった。

アメリカの、南部の、オールドな音楽がいっぱい詰まったようなアルバムで、聴き進めるうちにどんどん気分が良くなって、しかも嬉しくなってくる。

この感じの音楽、やっぱり好きなんだよなぁ。

ボニー・レイットの歌声も良いし、ハーモニカ、スライド・ギターなど、聴きどころも満載。

今回調べて知ったのだが、ローウェル・ジョージを始めリトル・フィートのメンバーの一部が参加していたり、タジ・マハールヴァン・ダイク・パークスジム・ケルトナーなど、こういう音楽になるのが納得なメンバーが多く参加しているようだ。

このアルバムはしばらくハマりそう。

あー、もう、最高!