音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

やっぱりできるようになりたいんだよなぁ。

リトル・リチャードの『Keep A Knockin'』を聴いていて、やっぱりこんなドラムが叩きたいと思う。

思うけれど、できない。

手順は分かる。

けれど、身体が動かない。

思い通りについてきてくれない。

たとえば、すごく好きで歌いたい歌があるとする。

曲を覚えて、歌詞やリズムや歌いまわしをしっかり理解し把握したとする。

けれど、歌の中で音程が高くなる部分、高い声が出ない。

どうしても原曲のキーで歌いたい。

でも、高い声が出ない。

身体が動かないのは、これと状況が似ている。

曲の理解はできている。

けれど、身体的に不可能だという状況。

そして、動きのスピードを上げたりとか、高い声を出したりとかは、訓練しにくいところでもある。

もちろん、鍛錬を積み重ねていけばできるようになることもあるが、生まれ持ったものでの限界もある。

そことどう向き合うか?

時間をかけて向上させるのか?

さっさと諦めて、より効果の出るところに時間をかけるのか?

迷いどころ。

けれど、やっぱりできるようになりたいんだよなぁ、と葛藤する今朝。