音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

「叩く」

「叩く」という行為。

何かを「叩く」という行為。

それは、根源的な何か。

ヒトの中に眠る根源的な何か。

さらに、道具を使って何かを「叩く」。

音のする何かを「叩く」。

キレイな音だったり、大きな音だったり、驚かせる音、勇気を奮い立たせる音、心を慰める音。

とにかく、何かを求めて音のするものを「叩く」。

長い年月をかけて、それらは洗練され、楽器というものが生まれてくる。

太鼓というものが生まれてくる。

そうして、ヒトはまた「叩く」。

太鼓を叩く。

そこに潜む根源的な何か。

 

「叩く」という行為には、人を気持ちよくさせる要素があると思う。

気持ちを解放させてくれる要素があると思う。

太鼓を叩けば、誰でも音を鳴らすことができる。

そして、シンプルな行為であればこそ、「叩く」ということには深さも伴う。

ドラムマガジン』のシングル・ストローク特集を読んでいて、そんなことを考えた。