音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ミニドラム?ロク嘘の音世界を想像する

朝しっかり起きるのが習慣化してきた。

スヌーズが大の仲良しだったけれど、最近はあまりお世話になっていない。

朝に余裕があると、なんとなく1日に余裕があるような気がする。

この流れ、いつまで続くことやら。

ところで、今、目前にある課題について考える。

まずは6日のライヴかな。

新宿「ロックンロール以外は全部嘘」というお店でのライヴなのだけど、どちらかと言えば弾き語り向きのお店とのこと。

バンドでもライヴできるけど、店にあるドラムセットはどうやらミニサイズらしい。

写真で見たところ、それはかなりの小ささのようだ。

そうなるとどんな音が出るのかがかなり気になるし、太鼓の位置関係も自分との距離は近いのかなぁ?とか、店内の音の響き具合いはどんな感じなんだろう?とか、いろいろ気になる。

もちろん、与えられた環境の中でできることを精一杯やるだけなのだけど、どんな環境でも対応できるように、頭の中でシュミレーションすることも大事になってくる。

そして、このシュミレーション。

実は意外と楽しかったりする。

要は妄想みたいなものだ。

いや、ちょっと違うか。

想像の世界の中では、身体の力は抜き、腕の振りは小さめ、そしてコンパクトでスッキリ、抜けの良い気持ち良い音が鳴っている。

ギターやベースの音もスッキリ、コンパクト。

実際のところはどうなのだろう?

当日を楽しみつつ、今のところはまだ、想像の世界を楽しむとしよう。

 

f:id:hiroya_drummer:20181004095234j:image