音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

つながりを理解することは、本質を知ること。

ジョニー・オーティスをベスト盤で聴いた。

全50曲。

Willie and the Hand Jive - The Best of Johnny Otis by Johnny Otis on Spotify

 

全50曲となると結構な分量だけど、まとめて聴くことには意義がある。

数曲聴いただけでは見えてこない、そのアーティストの全貌が見えてくる。

理解が深まる。

ジョニー・オーティスの関わった仕事を見ていくと(聴いていくと?)、ロックンロールの源流がここにはある、というのが理解できる。

リトル・リチャードの音源で聴かれるようなリズム。

あるいは、ボ・ディドリーでおなじみのリズム。

そして、この源流を遡っていくと、ジャズに行き当たる。

ロックンロールとジャズの交差点。

ジョニー・オーティスを聴くと、ロックンロールとジャズは繋がっているのだと、はっきりと分かる。

つながりを理解すると、そのものの本質が見えてくるものである。