音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

アレンジが凝っていて

今日聴いたアルバムは2枚。

マット・キャメロン『Cavedweller』https://amzn.to/2B3rPDA

JING CHI『Supreme』https://amzn.to/2vx2WL7

 

マット・キャメロンは、パール・ジャムサウンドガーデンのドラマーで、このアルバムではドラムを叩かずギターと歌に専念しているそう。

ぱっと聴いた印象は、現在進行形のロックアルバムといった感じだけど、変拍子だったり、曲の展開だったり、とにかくアレンジが凝っていて聴きごたえがある。

マット・キャメロンのドラムも、改めて聴きたいと思った。

 

JING CHIは、ヴィニー・カリウタ(Dr.)、ジミー・ハスリップ(Ba.)、ロベン・フォード(Gt)という、素晴らしいセッション・ミュージシャンが集まった、スペシャルなバンド。

当然、ハイ・クオリティ。

 

音楽を聴く時間がたっぷり取れるのは、やはり嬉しい。

音楽には、たくさんの情報が詰まっている。

それを、たとえばアルバム一枚分を集中して聴く時間は、至福の時間だ。

 

もっともっと、音楽を聴いていくぞ!