音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

次に向かって、ゆっくりと

昨日は、一昨日のワンマン後、なんだかんだ朝まで飲んで、これはまぁ、毎度恒例のことではあるけれど、朝に帰宅、就寝。

一度10時過ぎくらいに起きたけれど、しばらくしてやはり眠くて二度寝、起きたら17時を回っていた。

「おいおい、いくらなんでも寝過ぎじゃないか?」と思ったけれど、それでも身体がダルい。

ワンマンの余韻を感じつつ、久しぶりに本でも読もうと思ったけれど、やはりライヴの余韻が頭を独占して、文字を目で追いつつも内容が頭に入ってこない。

ライヴやツアーの後片付け的な作業をこなしつつ、ダラダラとした1日を過ごした。

 

今日になっても、まだ身体が重い。

いつもスティックを握っている、右手の指にもなんだか痛みを感じる。

これはライヴの疲れなのか、ただ単に昨日寝すぎた影響なのか、分からない。

寝すぎが主な原因のような気もする。

 

焦ることはない。

しっかり身体の調整をしつつ、次に向かってゆっくり走り出していこう。