ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

世界文化戦争 ー 日本の片隅から ー

フレデリック・マルテル著『メインストリーム ー 文化とメディアの世界戦争 ー』という本を読む。

アメリカという強大な文化大国。

そこから発せられる文化は世界に発信され、世界のメインストリームを担ってきた。

中国、インド、中南米、アラブ、そして韓国と日本。

各地域でそれぞれ異なる、メインストリームとの対峙。

時にそのまま受け入れ主流になることもあれば、時にローカル化してその地域流にアレンジされたりもする。

あるいは反発され、拒絶する態度を示されることもある。

違う文脈から生まれる抵抗勢力が生まれることもある。

メインストリームとローカル化、そして抵抗勢力

そこには、創作的野心だけでなく、経済や政治なども複雑に絡む。

世界の文化状況はどこへ向かうのか?

 

そんな中、僕らは日本の片隅でロックンロールを演奏する。

主に、アメリカやイギリスの古いロックンロールに影響を受けながら、日本語でロックンロールを歌う。

世界から見れば、本当に些細な、ちっぽけな存在だ。

それでも、世界の文化の一部を担っていることは紛れもない事実だ。

そんな自覚を持ちながら、僕は世界と対峙する。

 

世界と対峙していくには、皆さんの協力が必要です。

人が集まって、ワイワイやって、そこから文化が育っていく、と思うのです。

 

ふぅ〜、風呂敷を広げてみた。

さて。

Mr.ワリコメッツの「ワンマンシリーズ+1」まで、あと7日。

 

f:id:hiroya_drummer:20180706170957j:image