ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

音楽によって紡がれる、この素晴らしき出会いと繋がり。ワンマンライヴまで、あと10日!

ライヴ活動をしていると、いろいろな人との出会いがあり、そこから繋がりが生まれることがある。

それは、広く浅めの繋がりになることもあれば、深く密な繋がりになることもある。

短期間で瞬発的に生まれる繋がりもあれば、時間をかけて「末永い」付き合いになる繋がりもある。

そこにあるグラデーションは様々だ。

そうして生まれた繋がりは、自分たちの状況や環境を大きく変えることもある。

 

出会いは必然だったのか、偶然だったのか、当事者にとってみれば、それはよく分からない。

主観的には、偶然としか思えないことの方が多い。

そして、偶然の出会いによって、出会った当時には思いもよらなかった関係性に発展することもある。

その関係が現在の環境に与えている影響は大きいと感じるし、今現在も新たな出会いがあり、出会いによる状況変化も日増しに増大しているなぁ、という実感も少なからずある。

いや、むしろ、大いにある。

そして、その変化が心地よいと感じる、今日この頃。

 

Mr.ワリコメッツのワンマンライヴが近づいてきた。

ワンマンライヴは当然、僕らにとって大きな催し事だ。

そして、普段の活動では、出会い、繋がりがどんどん拡散していくように感じられのだけど、僕らにとって特別な日であるワンマンライヴという場は、その拡散した状況を一度回収し、一つにまとめる役割を果たしてくれるのだと思う。

もちろん、僕らに多くの繋がりがあるように、ワリコメッツと関係を持った人たちにも多くの繋がりがある。

タイミングによっては、ワンマンの日にワリコメッツとの関係を再確認しに集まれるとは限らない。

ワンマンがゴールでもないし、通過点の一つでもあるから、それはそれで一つの繋がり方でもあろう。

けれど、もしタイミングが合うのならば、関係性を確認するためにも、是非ワリコメッツのワンマンライヴの場に集まってほしいとも思う。

 

音楽によって紡がれる、この素晴らしき出会いと繋がり。

音楽、ライヴの内容も当然大事なポイントではあるけれど、プラスアルファとして、この出会いや繋がりというのも、ライヴという音楽の場の大事なポイントであると、僕は思う。

これこそ、「ライヴ」という場の醍醐味であろう。

 

7/13(金)京都磔磔ワンマン、7/14(土)名古屋大須OYSスリーマンイベント、7/15(日)新宿レッドクロスワンマン。

Mr.ワリコメッツとの広い意味での繋がりに興味がある方には、是非集まっていただけたら、これ幸いである。

 

磔磔ワンマンまで、あと10日。