音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

すぐれたロックンロールがやりたい!磔磔ワンマンまで、あと16日。

昨夜は、Mr.ワリコメッツのメンバー揃ってのスタジオ入り。

先日のライヴの反省点などを整理したり、いよいよワンマンライヴが近づいているので、その時に演る予定の曲を練習したり、またそのアレンジを練り直したり。

課題はまだまだ多い。

そして、残された時間は、それほど多くはない。

これからの2週間ほどは、緊迫した時間を過ごすことになるかもしれない。

望むところだ。

 

片岡義男著『僕はプレスリーが大好き』(角川文庫)という本がある。

僕はこの本が好きで、最近、訳あってパラパラっと読み返している。

 

すぐれたロックンロールは、ビートによって切迫感をあたえられた日常生活のリアリズムが、聞き手の心にトータルな衝撃をあたえる音楽だった。

 

「衝撃をあたえる音楽」。

ライヴの完成度を高めたいと思うと、形を整えることばかりに目がいきがちになるけれど、そればかりだと方向性を見失うことにもなりかねない。

それは分かっているのだけど、いざ実際に演奏するとなると、そこのバランスが難しい。

いや、バランスなんて考えている場合ではないのかもしれない。

少なからず葛藤がある。

けれど、この葛藤は必要なものだとも思っている。

その先に答えがあると、僕は信じている。

 

すぐれたロックンロールがやりたい!

磔磔ワンマンまで、あと16日。