音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ロックンロールには、ロマンがある

アメリカン・バンドスタンド』という、1952年頃から30年以上の長きに渡ってアメリカで放送されていたTV番組と、そこで長く司会を務めていたディック・クラークという人物について調べている。

アメリカン・バンドスタンド』はロックンロール初期に大きな影響力を持っていた番組。

新しいロックンロールのレコードをかけ、番組に参加しているティーンエイジャーがそのレコードを批評するという趣旨の番組だったようで、「踊れるレコードだから、ボクは85点です」というように、踊れるか踊れないかに主眼をおいた批評だったそう。(片岡義男『僕はプレスリーが大好き』角川文庫)

 

新しいロックンロールのレコードに全人格的に対峙し、新しいロックンロールを全身全霊で受け止め、そこで湧き上がった感情を自分の身体を使って表現する=ダンスする。

僕はそこに、1つの夢を見る。

ロックンロールには、ロマンがある。

 

Fats Domino: Medley of Songs - YouTube