音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

速さと強さを兼ね備えて

昨夜は、引き続きグリーン・デイを聴く。

曲を「バスケット・ケース」に絞って、何度か繰り返し聴いてみる。

検索していたら、いくつかカヴァーされているヴァージョンもあったので、それらも聴いてみる。

パフィーアヴリル・ラヴィーンなど。

そして、グリーン・デイ本人たちによるライヴ・ヴァージョンを聴いたり、映像もいくつか観てみる。

 

昨日、グリーン・デイの曲はテンポが速いと書いた。

速いばかりではない。

速い上に、音の粒がクリア。

速さと強さを兼ね備えているようだ。

何度か聴いて、これを真似してみるのは簡単ではないな、と思った。

 

大事なのは、身体の使い方。

もうちょっと研究を重ねてみよう。