ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

一瞬の閃きではなく、練りに練ってからでないと

昨日ブログに書いた、磔磔のマンスリーパンフレットに載せるコメントについて。

昨夜はいろいろアイデアを出して、練って、3つほど作った。

求められているのは200字以内の短いコメントだったこともあり、「いくつか作ってその中から良さそうなのを選ぼう」という意図のもと、完成までこぎつけられたのが3つだった。

ブログのように、思いつくまま書き上げたわけではない。

ひとまずの方向性を決め、考えながら書き進めていき、読み返し、構成を修正したり、言葉を選び直したり。

そんなだから、短いコメントにもかかわらず、結構時間はかかった。

本来はその3つをバンドメンバーにも見てもらい、意見を聞いてから最終的に判断しようと思っていたのだけど、コメントの方向性からこれしかないだろうと自分で判断したので、その1つだけをバンドメンバーに見てもらい、OKをもらった。

そして、先ほど、そのコメントを依頼主に送った。

興味ある方は、磔磔のマンスリーパンフ6月号が発行されたら、目を通してもらえると嬉しいです。

 

今回コメントを作っていて気づいたこと。

それは、僕の制作方法。

僕はきっと何かを作るとき、一瞬の閃きで作品ができるというより、アイデアをいくつか出し、練りに練ってからでないと、どうも良いアイデアにたどり着かないみたいだ。

今回も、最後に出てきたアイデアが完成品となった。

直感的な瞬発力はない。

いろいろといじくりまわした挙句に、ようやく良いアイデアが出てくるという感じ。

今後の指針として、肝に銘じておこう。