音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

Theピーズ探求の旅も、ここで一区切り

2週間ほど前にMr.ワリコメッツでライヴをした場所、「渋谷・原宿Galaxy-Gingakei」。

昨夜は再び、ここを訪れる。

 「1人ピーズ 大木温之ワンマン」である。

最近、『思い出すのが面倒だ Theピーズの30年』を集中して読んでいたのも、これがあったから。

ライヴを観る前までに読み終えようと思っていたのだけど、残念ながらそれは叶わなかった。

 

f:id:hiroya_drummer:20180415180836j:image

 

Galaxyでのライヴは、音作りが難しかった。

 難しいからこそ、面白い!?〜リハーサルを終えて〜 - ひろやのブログ

渋谷−原宿Galaxy、イベント【Mish Mash】な夜 - ひろやのブログ

 

さて、ハルさんのワンマンはどうだろうか?と思っていたのだけど、そこはさすが、ストレス無く聴けた。

そして、ここ数日間、本やアルバムを通してTheピーズに入れ込んでいたおかげで知ってる曲もだいぶ増えて、存分に楽しませてもらった。

けれど、同時に、「やはりバンドで観たい!」と強く思うようになった。

早いところまた、3人でライヴをしてくれないものか?

わがままな望みである。

いずれにしても、Theピーズにこんなにハマるとは思っていなかった。

とにかく、曲が素晴らしい。

今後は、もっと掘り下げて聴いていこうと思っている。

 

そして今日、『思い出すのが面倒だ Theピーズの30年』を読み終える。

Theピーズ探求の旅も、ここでひとまず一区切り。

楽しく、哀しく、豊かな旅であった。