音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

見につまされる思い

昨夜は引き続き、『思い出すのが面倒だ Theピーズの30年』を読む。

「第二章・バイ菌マン」の途中から、「第三章・用意はいいかい?」終わりくらいまで。

併せて、三作目のアルバム『クズんなってGO』、四作目『とどめをハデにくれ』を聴く。

『とどめをハデくれ』のレコーディング時の重苦しい空気、ドラマー・ウガンダさんの脱退、二人ピーズでのツアー、

この辺の話には、見につまされる感覚を覚える。

僕もバンドマンの端くれ、長年いろいろとバンドをやってきたから、共感できるとまでは言わないが、僕なりに似たような経験を思い出す。

思い出させられる。

こういうことも、バンド活動にはつきもの。

バンドであるからこそ、いろいろなことが起こる。

バンドの空気感、バンドメンバー間の関係性。

それは、流動的である。

良い時も悪い時も含めて、そんな全てがバンドであることの醍醐味なのかもしれない。

 

本を読みながら、曲を聴きながら、Theピーズというバンドの世界に没入しつつある。

そして、どんどん深みにハマっていく感覚。

嬉しいような、苦しいような、感覚。

なんだか、感情が揺さぶられる。

そして、アルバム『とどめをハデにくれ』をどんどん好きになっていく。

 

今日もまた、続きが待ち遠しい。