ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

阿佐ヶ谷の夜

昨夜は、阿佐ヶ谷Muswellというライヴハウスに行き、パインズマインズとthe electersのライヴを観る。

パインズマインズは、ギター、ピアノ、ドラムという3人編成。

the electersは、ギター、ベース、ドラムという3人編成。

共に、メンバー全員がヴォーカルを取る。

「たま」を聴いて、メンバーみんなが歌うバンドってやっぱり良いなぁと思っていたところ。

実にタイムリーであった。

 

最近、曲作りをしているせいか、ライヴを観ていても、どんな曲であるかが気にかかる。

どんな作りになっていて、どんなことを歌っているのか?

今までだったら、そんなことはなかった。

ライヴを観るときは、曲よりもパフォーマンスの方に目が行っていたように思う。

人間、変わる時は変わるものだ。

曲を作り始めると、音楽の聴き方が変わる。

 

昨夜もいつもと違わず、結構飲んだ。

そして、酔った。

酔って、いろんな人といっぱい喋った。

酒と音楽と、そしてゴキゲンな人間たち。

それさえあれば、他にはもう何もいらない。

そこには全てがある。

そう思える、阿佐ヶ谷の夜だった。

 

パインズマインズと、阿佐ヶ谷でお会いしたすべての方々に、ありがとう!を言いたい。