ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

理想像と葛藤

「こうなりたい!」

「こんなことがやりたい!」

「こんなドラムが叩きたい!」

人は皆それぞれに、自分の理想像というものがあるだろう。

そしてそれは、必ずしも思い通りにはならない。

理想を持ってチャレンジしたみたけれど、現実にはできなかった。

形にはしてみたけれど、理想像とは似ても似つかなかった。

それとも、時間がなくてチャレンジすらできなかった、なんてこともあるかもしれない。

生きていれば、思い通りにならないことだってある。

いや、むしろ、思い通りにならないことの方が多いかもしれない。

そうやって葛藤を抱えながらも、僕らはなんとか生きていく。

 

葛藤を抱えていても、時間は僕らを待ってくれない。

ロボットのような冷酷さを持って、時は一定のテンポを刻んでいく。

時が来れば、予定されているリハーサルに参加しなければならないし、ステージにだって立たなければならない。

どんな葛藤を抱えていたとしても。

むろん、その葛藤がステージに表れるとは限らない。

それを感じ取る人がいるかもしれないし、いないかもしれない。

結局それは、ステージにとってはどうでもいいことかもしれない。

 

理想像がある。

現実がある。

そしてそこには、葛藤がある。

それは素晴らしいことなんだ!と思う。

生きているから葛藤がある。

葛藤があるからこそ、ステージが生きる。